ようこそ、歴史と城下町の町並み〜山陰の小京都へ

津和野式・冬虫夏草

養蚕の郷が生んだ製法特許・伝説の滋養素材。

冬虫夏草とは、生きた昆虫に寄生して成長する茸。秦の始皇帝や楊貴妃が求めたと伝えられ、中国では今なお陸上競技の選手らに愛用されている。
津和野町(旧日原町)は中国地方で最後まで製糸工場が残っていた土地。
長年の研究で、桑の葉だけで育てた蚕が生きているうちに菌を接種し培養する「津和野式冬虫夏草」を成功させ、製法特許を取得した。

uid000001_201004110925556245283e uid000001_2010041109260511deb052


冬虫夏草酒 津和野金彩(きんさい)

uid000001_20100411092631ebec487d

’08年11月に酒特区の認定、’09年秋にリキュール商品化をすすめる。

津和野の酒造会社が醸した地酒に漬け込んだ健康酒。

その名の通り美しい金色は冬虫夏草の成分で、効率よく抽出されている。食前酒にぴったり。


護蚕丸(ごさんがん)

冬虫夏草のパワーを安全・安心に凝縮したタブレット。
体力の持続が気になる方、健康で丈夫な体が気になる方に。uid000001_2010041109261324c23368

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

  • facebook

Translate

  • Chinese(Traditional)
  • English
  • German
  • Korean
PAGETOP