ようこそ、歴史と城下町の町並み〜山陰の小京都へ

殿町通り・多胡家老門(たごかろうもん)

武家屋敷のなまこ塀がならぶ、石畳の通り

養老館前のあたりは殿町と呼ばれ、かつて家老屋敷が隣接していたところ。なまこ塀と掘割りに泳ぐ鯉など、津和野のシンボル的スポットです。多胡家は亀井氏 11代にわたって家老職を務め、藩財政に大きく貢献した家柄。瓦葺きで、間口4m、長さ26mの立派な武家屋敷門が今も残っています。同じく家老だった太 岡家が隣接しており、門を入ると古いたたずまいが印象的な町役場になっています。


津和野駅から徒歩10分。見学自由

239_2

239_1

239

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

みる・あそぶ

  • facebook

Translate

  • Chinese(Traditional)
  • English
  • German
  • Korean
PAGETOP