城下町に響く鐘の音と、優雅な白鷺の舞

鷺舞は津和野の弥栄神社に伝わる古典芸能神事です。毎年祇園祭りの7月20日(ご神幸の日)は町内11ヶ所、27日(ご還幸の日)は町内9ヶ所の昔から定められた場所で舞います。
鷺舞は天文11年(1542)に時の津和野城主吉見正頼(11代)が山口の祇園会から移し入れた芸能神事ですが、本元は京都の八坂神社祇園会に伝えられたもので、京都から山口へ、山口から津和野へと伝えられました。
坂崎出羽守の時代に一時中絶しましたが、亀井氏の時代になって茲政(2代藩主)は、寛永20年(1643年)坂田兵左衛門、柴屋彦両人を京都に派して京都祇園会の鷺舞を直接習得させ、今日まで受継がれています。
当屋制の事、鷺舞屋敷の事、諸々の儀式、ならわし等は時代の変遷に伴い省略されて記録に残るのみですが、鷺舞そのものは正しくうけ継がれ大事に保存されて「日本に只1つ残る鷺舞」と云われています。貴重な無形文化の遺産として学術的にも高く評価されています。
昭和30年には京都の八坂神社が鷺舞の復活を企画し、逆に津和野の鷺舞を習得に来ています。
昭和5年11月、明治神宮の鎮座十年記念祭典に全国から選ばれた7種の芸能神事の中に加えられて奉納しました。
昭和43年4月、神戸生田神社の明治百年記念特別祭典に招聘され、祭典儀式に組み込まれて奉納しました。万国博覧会の会場では鷺舞の映画が3ヶ所で上映されています。

sagimai2

 

鷺舞の構成

舞 方  鷺雌雄 2人 棒振 2人 羯鼓 2人
囃 方  太鼓 2人 鐘 2人 鼓 2人 笛 2人
唄 方  数人 外に当屋 2人 警固 2人
子鷺鉾  12人
大傘鉾(上使鉾とも云う)  6人

最近は省略して鉾の18人は行列に加わらず、鉾は当屋の前に並べて建ててあります。

歌 詞

橋の上におりた 鳥はなん鳥

かわささぎの かわささぎの

ヤーかわささぎ さぎが橋を渡した

さぎが橋を渡した

時雨の雨に ぬれとりとり

ヤーかわささぎ さぎが橋を渡した

さぎが橋を渡した

鷺 舞 行 程

鷺舞神事(行き) 7月20日(土) ※下記は前年度の行程となります。場合により変更となる可能性があります。
頭 屋 前(町民センター) 15:00頃 出発 > 弥栄神社15:30頃 > 嘉楽園15:40頃 > 小学校 前16:00頃 > 沙羅の木 前16:20頃 > ささや/古橋酒造 前16:25頃 > 高津屋伊藤博石堂 前16:30頃 > 郵便局 前16:35頃 > 吉永米店 前17:00頃 > お旅所 17:10頃 > 頭屋前(町民センター)17:30頃 

鷺舞神事(帰り) 7月27日(土)  ※下記は前年度の行程となります。場合により変更となる可能性があります。
頭 屋 前(町民センター) 15:00頃 出発 > 沙羅の木 前15:05頃 > ささや/古橋酒造 前15:25頃 > 高津屋伊藤博石堂 前15:25頃 > 郵便局 前15:35頃 > 吉永米店 前15:40頃 > 御旅所 15:45頃 > 弥栄神社 16:30 > 頭屋 前(町民センター)17:20頃

弥栄神社では翌年の頭屋への引き継ぎが行われます。
当日は状況により多少時間がずれることがあります。ご了承ください。
※雨天の場合は、役場向かい側にある町民センターの体育館で行われます。(15:00/15:30/16:00)