ようこそ、歴史と城下町の町並み〜山陰の小京都へ

津和野町観光ガイドくらぶ

  • HOME »
  • 知る »
  • 津和野町観光ガイドくらぶ

【津和野を知り尽くしたガイドさんと町歩き】
ガイドのご依頼は津和野町観光ガイドくらぶへ!

 ※平成29年5月29日より津和野城跡の出丸やリフト、登山道にて点検や工事などが行われています。
見学不可日もありますので、詳しくはトップページの新着情報よりご確認ください。

guide1

guide2

津和野町観光ガイドくらぶでは、津和野の歴史・文化を知り尽くした観光ガイドが皆さんをご案内しております。
ご家族でゆっくり津和野を見学されたいお客様、津和野へのツアーをご検討中のエージェント様、津和野のご案内は是非、津和野町観光ガイドくらぶへお申し付けください!

■名称
津和野町観光ガイドくらぶ 

■所在地
〒699‐5605 島根県鹿足郡津和野町後田イ71‐2

■お問合わせ・お申し込み先
※お申込みは下記に添付してある依頼書の書面でのみの受付となります
TEL/0856‐72‐1771
FAX/0856‐72‐1191
MAIL/tsuwanok@tsuwano-kanko.net

■ご案内場所  (各ブロックの範囲内でのご案内とさせて頂きます)

Aブロック:殿町通り・本町通り・永明寺・乙女峠・太皷谷稲成神社・津和野城

Bブロック:森鷗外旧宅/記念館・西周旧居

Cブロック:堀庭園

■ガイド料金(ガイド1名につき)
基本料金(2時間以内):¥3,000(税込)
津和野城跡・堀庭園をご案内する際は基本料金に¥1,500(税込)プラス。
2時間以上のご案内の場合は1時間増える毎に基本料金に¥1,500(税込)プラス。
基本料金に施設入館料やリフト代は含まれておりません。

   ■新型コロナウイルス感染症対策 (以下に御同意の上、お申し込みください)

   ①ご案内時にはマスクの着用をお願いいたします。

   ②担当ガイドはマスクもしくはフェイスシールドを着用させて頂きます。

   ③ご案内時に体温が37.5℃以上ある方は参加をご遠慮ください。

   ④ご案内人数は7名以内とさせて頂きます。

   ⑤自動車やバスへの同乗はお受けしかねます。

   ⑥新型コロナウイルスの国内感染状況によっては、承諾後にご依頼をお断りさせて頂く場合がございます。

   ■ご注意
   ◎原則としてお電話(口頭)のみでのご予約は間違い等を防止するため、承っておりません。下記のお申込み方法をご参照ください。
   ◎お客様のお手元に承諾書が届いた時点でご依頼の承諾とさせて頂きます。(承諾書の無い依頼は無効)
   ◎ガイドの依頼が集中している日はお受けできない場合がございます。
   ◎ご依頼内容によってはお受けできない場合がございます。
     例:学術的な専門性を要するもの/登山/早朝(6:00~8:00)夜間(18:00以降)
   ◎ガイド中にお食事を挟む場合はお食事時間もご案内時間に含まれます。
   ◎ご案内には細心の注意を払いますが、万一の事故等には責任を負いかねます。予めご了承ください。
   ◎キャンセル料については、下記のとおりご請求させて頂きます。
    ・前日までのキャンセル:0%
    ・当日キャンセル/予定時刻1時間前まで:50%
    ・当日キャンセル/予定時刻1時間以内:100%

   ■お申し込み方法
   
下記のPDFを印刷後、必要事項をご記入の上FAXまたは郵送またはメール添付にてお送りください。

    ご案内日の3日前までにお申し込みください。後ほど、承諾書をFAX致します。
     万一、承諾書が届かない場合は未着の可能性がございますので、津和野町観光協会観光部までお問合わせください。

観光ガイド依頼書
※依頼書下部の『ご署名』欄には必ずご記入者様のご署名をお願い致します。

 

■モデルコース

モデルコース1
津和野の魅力を凝縮したお手軽コース 

所要時間:1時間30分~2時間

gidemap1


モデルコース2
津和野の真髄・悠久の歴史堪能コース

所要時間:4時間(徒歩の場合)

guidemap2    


モデルコース3
霧隠れの城登頂と願望成就祈願コース

所要時間:2時間

guidemap3

 

 

 

オススメ1【永明寺】

室町時代に建築された曹洞宗の禅寺。歴代城主(吉見氏・坂崎氏・亀井氏)の菩提寺でもある。屋根は茅葺きとなっており、庭園も非常に美しい。紅葉や雪化粧の名所としても知られる。寺内には文豪・森鷗外の墓や『千姫事件』で有名な坂崎直盛の墓も残る。

guide3

オススメ2【津和野城跡】 

guide4

鎌倉時代に建築された山城。歴代領主(吉見氏・坂崎氏・亀井氏)の居城。『蒙古襲来』を機に幕府より沿岸防備を命じられた吉見頼行が建設。

戦国時代には吉見正頼と陶晴賢の戦いの舞台となり、100日以上の篭城戦に耐え抜いた。江戸時代初期には坂崎直盛が防備強化のため、出丸を建築した。国指定史跡。日本100名城の一つ

TEL 0856-72-1771 受付時間 9:00~17:00(年中無休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP